公演・イベント

公演・イベント情報一覧

【終了いたしました】マグネットシアター『来る日も来る日も私は歩く』

主催者
四国学院大学
日時
2018.10.20(土)・2018.10.21(日)

【終了いたしました】サラダボール公演『髪をかきあげる/川底にはみどりの魚がいる』

主催者
サラダボール
日時
9月22日(土)~9月24日(月・休)、9月28日(金)~9月30日(日)、10月5日(金)~10月8日(月・祝)

【終了いたしました】四国学院大学アートマネジメント公開講座2018 基礎講座『60回目のかがわ文化芸術祭』講師:橋本一仁

主催者
四国学院大学
日時
2018.09.23(日)

[終了いたしました]即興演劇シーソーズ善通寺インプロツアー2018 vol.5「四国学院大学ノトススタジオインプロショー」

主催者
即興演劇シーソーズ
日時
2018.09.17(土)

[終了いたしました]四国学院大学アートマネジメント公開講座2018 基礎講座『地域×アートBEPPU PROJECTの活動を事例に』

主催者
四国学院大学
日時
2018.09.08(土)

[終了いたしました]ノトスラボvol.12 『Chonpu- チョンプー』香川公演・新潟公演

主催者
四国学院大学
日時
8.30(木)~8.31(金)

ラインナップ

青年団国際演劇交流プロジェクト2019 リモージュ国立演劇センター付属演劇学校『カガクするココロ』 青年団+韓国芸術総合学校+リモージュ国立演劇センター付属演劇学校『その森の奥』

  • 作・演出:平田オリザ/韓国語翻訳:イ・ホンイ/フランス語翻訳:マチュー・カペル
  • 2019年6月25日(火)~2019年6月29日(土)
  • 四国学院大学ノトススタジオ

平田オリザの初期代表作「科学シリーズ」より、1990年初演の『カガクするココロ』と新作『その森の奥』を上演いたします。生命倫理の問題や、現代の若者の姿が鮮やかに描かれた作品です。

SARPvol.16

  • 監修・補綴:木ノ下裕一/演出:西村和宏
  • 2019年7月10日(水)~2019年7月14日(日)
  • 四国学院大学ノトススタジオ

現代における歌舞伎演目上演の可能性を発信する劇団『木ノ下歌舞伎』の主宰である木ノ下裕一氏を監修・補綴として迎え、本学准教授の西村和宏演出のもと、学生たちと創作した作品をお届けいたします。

ノトスクール 親子で楽しむ演劇『にせ桃太郎』再演

  • 作:鈴木大介(サラダボール)/演出:西村和宏/振付:阪本麻郁/音楽:糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣)
  • 2019年8月11日(日)・2019年8月12日(月・祝)/2019年8月17日(土)・2019年8月18日(日)
  • 8月11日(日)・12日(月・祝):あかがねミュージアム
    8月17日(土)・18日(日):四国学院大学ノトススタジオ

『劇団サラダボール』の劇作家、鈴木大介氏が現代版に書き下ろした日本昔話の定番、桃太郎を上演いたします。『FUKAIPRODUCE羽衣』の糸井幸之介氏が音楽を担当し、歌ありダンスありの親子で楽しめる参加型の作品となっております。

SARPvol.17

  • 作・演出:藤田貴大
  • 2019年9月14日(土)・2019年9月15日(日)
  • 四国学院大学ノトススタジオ

作品を象徴するシーンを幾度も繰り返す“リフレイン”の手法で注目を集めている『マームとジプシー』の主宰である藤田貴大氏を迎え、学生と共に作品を創作いたします。

サラダボール公演『隣にいても一人』

  • 作:平田オリザ/演出:西村和宏
  • 2019年10月26日(土)・2019年10月27日(日)
  • 四国学院大学ノトススタジオ

平田オリザ氏作の『隣にいても一人』を上演。2組のカップルを通して、夫婦のあり方を淡々と綴っていく平田オリザ流の不条理劇を、西村和宏の演出でお届けいたします。

ノトスフリンジ2019

  • 作・演出:四国学院大学学生/出演:四国学院大学学生
  • 2019年11月28日(木)~2019年12月1日(日)
  • 四国学院大学ノトススタジオ

演劇やコンテンポラリーダンスといった身体表現、音響や照明をはじめとするスタッフ業を、講義やワークショップ、学内公演などで学んでいる学生が、作品の企画から公演まで全て自分達で行なう“自由で実験的な公演”です。

ノトスラボvol.13

  • 作・演出:仙石桂子
  • 2019年12月7日(土)~2019年12月8日(日)
  • 四国学院大学ノトススタジオ

四国学院大学の教員と学生が新しい芸術の可能性に挑戦する実験企画ノトスラボ。

シアタータンク2019

  • 演劇担当:西村和宏/ダンス担当:阪本麻郁/即興演劇担当:仙石桂子
  • 2020年1月24日(金)~2020年1月26日(日)
  • 四国学院大学ノトススタジオ

四国学院大学教員の西村和宏(演劇)・阪本麻郁(コンテンポラリーダンス)・仙石桂子(インプロ)が、身体表現と舞台芸術マネジメント・メジャー専攻の学生たちと創作した作品を上演いたします。

渡辺源四郎商店『どんとゆけ』『だけど涙が出ちゃう』

  • 作・演出:畑澤聖悟/工藤千夏
  • 2020年2月8日(土)・2020年2月9日(日)
  • 四国学院大学ノトススタジオ

青森を拠点に活動する地域の劇団「渡辺源四郎商店」畑澤聖悟作・演出の『どんとゆけ』と工藤千夏作・演出の『だけど涙が出ちゃう』の2本立て。架空の死刑執行制度、それを取り巻く人々を描いた作品になっております。

四国学院大学身体表現と舞台芸術マネジメント・メジャー7期生卒業公演

  • 2020年2月13日(木)~2020年2月16日(日)
  • 四国学院大学ノトススタジオ

四国学院大学「身体表現と舞台芸術マネジメント・メジャー」の4年生が企画し、作品を上演。4年間の集大成となる舞台作品をお届けいたします。

PAGE TOP

お問い合わせ

0877-62-2324
四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)
受付時間/10:00~17:00(土・日・祝日を除く)

  • kikaku@sg-u.ac.jp
  • メールフォーム

SNSアカウント・RSS各種

  • 公演・イベント情報
  • 利用実績・イベントレポート