公演・イベント

公演・イベント情報一覧

【終了致しました】東京デスロック『亡国の三人姉妹』 香川公演

主催者
四国学院大学
日時
2016.11.24(木)~2016.11.25(金)

【終了致しました】シアターねこフェスタ2016 柿喰う客公演『へんてこレストラン』

主催者
・NPO法人シアターネットワークえひめ
・四国学院大学
日時
2016.11.05(土)~2016.11.06(日)

【終了致しました】ドイツのPerforming Groupによるダンス・映像・演劇パフォーマンス 『TRASHedy―地球の正しい使い方』

主催者
四国学院大学
日時
2016.11.05~2016.11.06

【終了致しました】日独国際交流企画タンツフックスプロダクション『DIS_ORDER neural fields study』

主催者
四国学院大学
日時
2016.11.02(水)~2016.11.03(木)

【終了致しました】日独国際交流企画タンツフックスプロダクション『Buckets of Feeling!』

主催者
四国学院大学
日時
2016.10.29(土)~2016.10.30(日)

【終了致しました】かがわ演劇祭 カフェ「umie」公演『あいまいさは罪じゃない』

主催者
・かがわ演劇祭企画実施委員会
・かがわ文化芸術祭実行委員会
・公益財団法人置県百年記念香川県文化芸術振興財団
・香川県
日時
2016.10.07(金)/10.15(土)

ラインナップ

ノトスラボvol.8『いみむいみ』

  • 振付・演出:阪本麻郁 & マークス・ボムスキー
  • 日時:2016.04.28(木・祝)~2016.04.30(土)
  • 場所:四国学院大学ノトススタジオ

本学教員と学生が新しい試みで挑戦する実験劇場、ノトスラボ。8回目の公演は、本学教員の阪本麻郁とマークス・ボムスキーによるコラボレーション企画。学生と共にコンテンポラリー・ダンスに挑戦。考えること、感じること、汗をかくこと、触れること、形作ること、変容すること、全てがダンスになる。

SARPvol.11『大丈夫。』

  • 振付・演出:白神ももこ
  • 日時:2016.07.07(木)~2016.07.10(日)
  • 場所:四国学院大学ノトススタジオ

プロの演出家・振付家が大学内の宿泊施設に一ヶ月以上滞在し学生のキャスト・スタッフとともに一般客の鑑賞に耐えうるレベルの高い舞台作品を創作し上演することを目指す公演(SARP:サープ)。11回目の演出を手掛けるのは、モモンガ・コンプレックス主宰の振付家・演出家・ダンサー、白神ももこ。無駄こそ愛すべき個性として捉え、小さな物事に焦点を当てユニークな振付を行う白神ももこ氏と学生たちとのダンス?なコンテンポラリーダンス。

中野成樹+フランケンズ 『夏の夜の夢』

  • 作:シェイクスピア  訳:小田島雄志         誤意訳・構成・演出:中野成樹            ドラマトゥルク:長島確
  • 日時:2016.08.26(金)~2016.08.28(日)
  • 場所:四国学院大学ノトススタジオ

時代・文化風習等が現代日本と大きく異なる、いわゆる「翻訳劇」をとりあげ、「いまの自分たちの価値観と身体」で理解し体現する。逐語訳にとらわれない翻訳、あらすじのみを死守する自由な構成、従来のイメージやマナーにとらわれぬ私たちの物語としての作品解釈、その方法・表現を「誤意訳」と名付ける。大胆なアレンジで古典を表現し続ける、東京で人気の現代演劇カンパニー、「中野成樹+フランケンズ」が四国初上陸!!

日独国際交流企画タンツフックスプロダクション『Buckets of Feeling!』

  • コンセプト&アイデア:バーバラ・フックス/                エミリー・ヴェルター
  • 日時:2016.10.29(土)~2016.10.30(日)
  • 場所:四国学院大学ノトススタジオ

こどもからおとなまでが楽しめるダンスと音楽のパフォーマンス『Bucket of Feeling!』
ぜんぶバケツの中に・・・・・・
魅惑的なダンサーたちが魔法を使って、震える怒り、足をふみならすようないじわる、喜びのジャンプで友達と敵を呼び起こす。
アジアの風景のような音楽にのって繰り広げられるユーモアに溢れた魔法、ダンス、音楽、道化・・・・・・その感情的な世界観が私たちに遊び心を思い出させてくれる。

日独国際交流企画タンツフックスプロダクション『DIS_ORDER neural fields study』

  • 芸術監督:バーバラ・フックス
  • 日時:2016.11.02日(水)~2016.11.03日(木・祝)
  • 場所:四国学院大学ノトススタジオ

DIS_ORDERは、ドイツのケルンを拠点に活動する振付家バーバラ・フックスの人間の感情を探る(GE)-(FÜHL)-(LOS)/(UN)-(FEEL)-(ING)3部作の最終作品だ。この作品はダンス・アンサンブルによってカオス・無秩序・混乱・変則を考察する。そして、人間の神経系を音と動きのインスタレーションとして、あるいは計り知れないほどの外部のシグナルと内部の刺激による反応のネットワークとして示している。内側からあるいは外側から、あるいは近くから遠くから常にシフトするヨーク・リッツェンホフが作曲した電子音楽に影響され、その対比が空間、観客までをも包み込む。

ドイツのPerforming Groupによるダンス・映像・演劇パフォーマンス 『TRASHedy 〜地球の正しい使い方〜』

  • 企画・演出:レアンドロ・キース
  • 2016.11.05(土)~2016.11.06(日)
  • 四国学院大学ノトススタジオ

「エコロジカル・インテリジェンンス(正しくエコを選ぶ力)」をテーマにダンス・演劇・音楽・映像の要素を使った、子供からおとなまでが楽しめるパフォーマンス。
近い将来、自分たちの力で選び、消費し、生活を営んでいく日本の子どもたちに、エコについて正確な情報を得る力、立ち止まって自分で考える習慣身につけて、正しいエコを選ぶ力を養います。

東京デスロック公演『亡国の三人姉妹』

  • 原作:アントン・チェーホフ 『三人姉妹』       構成・演出:多田淳之介               翻訳・ドラマターグ:中田博士
  • 2016.11.24(木)~2016.11.25(金)
  • 四国学院大学ノトススタジオ

『かもめ』を1930年代の日帝朝鮮に置き換え、韓国にて第五十回東亜演劇賞(作品賞、演出賞、視聴覚デザイン賞)を受賞した日韓合作『가모메 カルメギ』に続く東京デスロックによるアントン・チェーホフ作品第二弾。
国を亡くした人々、亡国の民のために上演される『三人姉妹』。私たちは何を亡くし、何を求めて生きるのか。
20世紀初頭、戦争前夜、革命前夜のロシアにて生まれた物語。21世紀初頭の日本から、いつかの世界を描く。

劇団サラダボール公演『食と演劇 うどんとか』

  • 作:鈴木大介  演出:西村和宏
  • 日時:2016.12.01(木)~2016.12.04(日)
  • 場所:四国学院大学ノトススタジオ

四国学院大学准教授で演出家の西村和宏が主宰する劇団サラダボールの本公演。三豊市のうどん屋「三好うどん」と提携し、地元香川の食材を食しながら?!の演劇公演。食にまつわったり、まつわらなかったりする鈴木大介の新作短編戯曲をゆるふわなオムニバス形式でお届けします。

身体表現と舞台芸術マネジメント・メジャー フィールドプラクティカム公演「シアタータンク2016」

  • 演出:阪本麻郁/西村和宏/仙石桂子
  • 日時:2016.12.15(木)~2016.12.17(土)
  • 場所:四国学院大学ノトススタジオ

四国学院大学教員の阪本麻郁(コンテンポラリー・ダンス)と西村和宏(演劇)、仙石桂子(インプロ)が、身体表現と舞台芸術マネジメント・メジャー専攻の学生たちと10ヶ月をかけ、じっくりと創作するダンスと演劇の公演「シアタータンク」。今年で6年目となる。

ノトスラボvol.9『動員挿話』

  • 作:岸田國士  演出:西村和宏
  • 2017.01.04(水)~2017.01.07(土)
  • 四国学院大学ノトススタジオ

本学教員と学生が新しい試みで挑戦する実験劇場、ノトスラボ。9回目となる今回は、本学教員の西村和宏が学生と共に、岸田國士作『動員挿話』を上演します。

青年団国際演劇交流プロジェクト2016 『愛のおわり』

  • 作:パスカル・ランベール 翻訳:平野暁人 日本語監修:平田オリザ  共同演出:パスカル・ランベール/平田オリザ
  • 日時:2017.01.19(木)~2017.01.21(土)
  • 場所:四国学院大学ノトススタジオ

2012年フランス劇文学大賞受賞。2013年フランス・アヴィニヨン演劇祭初演、観客を感動の渦に巻き込んだ傑作。仏国内外で多数上演され、モスクワ、クロアチア、ローマ、ニューヨークの俳優による画言語バージョンも絶賛されている話題作の日本語版。二つの視点、二つの沈黙、二つの言説が、死にゆく愛の暴力を明らかにしていく、究極の愛の物語。

SARPvol.12『くちきかん』

  • 作・演出:工藤千夏
  • 日時:2017.02.05(日)~2017.02.10(金)
  • 場所:四国学院大学ノトススタジオ

SARP(四国学院大学アーティスト・イン・レジデンス)12回目は本学非常勤講師であり、うさぎ庵主宰・青年団演出部・渡辺源四郎商店ドラマターグ、とさまざまな場所で活躍する劇作家・演出家の工藤千夏氏が担当。学内オーディションを経たあと、工藤千夏氏が新作戯曲を書き下ろす。

ノトスラボvol.10『ChamPle』

  • 作・演出:仙石桂子/橘政晴             振付:阪本麻郁/下司尚実
  • 日時:2017.02.12(日)~2017.02.13(月)
  • 場所:四国学院大学ノトススタジオ

四国学院大学の学生と教員が新しい舞台芸術の可能性に挑戦する「ノトスラボ」。
10回目となる今回は、新作・旧作の短編演劇を一挙公開する企画「ChamPle(チャンプル)」。ダンサー、即興パフォーマー、演奏家と学生、市民がコラボしてつくるバラエティ豊かなショートストーリー。作・演出は仙石桂子、橘政晴。振付は阪本麻郁、下司尚実が担当。舞台表現の魅力がぎゅっと詰まった見どころ満載のステージをぜひ開場で堪能してください。

四国学院大学身体表現と舞台芸術マネジメント・メジャー4期生 卒業公演

  • 日時:2017.03.03(金)~2017.03.05(日)
  • 場所:四国学院大学ノトススタジオ

四国学院大学の演劇コース4期生による卒業公演。卒業生が、自ら企画し上演する。今まで学んできた全てを集約し、卒業生として今までの舞台経験、研究内容をふんだんにつめこんだ、4年間の集大成となる舞台。

市民劇『私たちの街の記憶』

  • 構成・演出:西村和宏
  • 日時:2017.03.18(土)~2017.03.19(日)
  • 場所:四国学院大学ノトススタジオ

オーディションで選ばれた市民キャストが、四国での思い出を自ら戯曲化。演出家で本学教員の西村和宏が構成と演出を担当、自分たちの住む地域に密着した演劇作品を上演。

PAGE TOP

お問い合わせ

0877-62-2324
四国学院大学パフォーミング・アーツ研究所(SIPA)
受付時間/10:00~17:00(土・日・祝日を除く)

  • kikaku@sg-u.ac.jp
  • メールフォーム

SNSアカウント・RSS各種

  • 公演・イベント情報
  • 利用実績・イベントレポート